知っておきたい住宅ローンの話

知っておきたい住宅ローンの話

私たちがマイホームなど不動産を購入するときにお世話になるのが住宅ローン。
一戸建てやマンションを買うとなると、年収を大きく超える金額が必要になりますから、一括で払える人は殆どいないでしょう。

そのため、銀行などの金融機関から多額のお金を融資してもらうことになります。
住宅ローンは返済期間が長く、金利が低いという特徴があります。
一般的に20~35年程度の返済期間になることが多いですね。
期間を長くすることで、一般的な会社勤めの家庭でも収入の範囲内でマイホームを手に入れることが可能になっています。
ただ、住宅ローンは金額が金額なだけにそれなりの審査も必要になりますし、長期間の返済が必要になりますから、仕事が出来なくなって収入が途絶えてしまった場合など、いざという時のこともしっかりと考えておかなくてはいけません。

住宅ローンの種類としては大きく分けて

金利固定型
金利変動型

などがあります。
どちらも一長一短あり、金利固定型は金利が変動しない分返済計画が立てやすいというメリットがありますが、返済期間中に金利が下がった場合、損をしてしまう事になります。
金利変動型は低金利下である期間は、利息を大幅に抑えられるメリットがありますが、インフレなどによって将来的に金利が上昇したときにリスクを被ります。
支払う金利が安定しないので、最終的に払う金額が分からないのも特徴です。

    Copyright(C) ローンに困らない為に必要なこと All Rights Reserved.